Press Releases
プレスリリース

2009年8月3日 Vol.1

ウエストロー・ジャパンが日本法律家協会と提携

- 60年間の「法の支配」をオンラインで独占提供-

ウエストロー・ジャパン株式会社(本社: 東京都千代田区、代表取締役: ジョン・マーロイ、以下、ウエストロー・ジャパン)と 財団法人 日本法律家協会(会長:千種秀夫、以下日本法律家協会)とは、日本法律家協会の機関誌である「法の支配」を、包括的な日本法総合オンラインサービス「Westlaw Japan」に収録しユーザー向けに提供することで合意しましたので、お知らせいたします。

これまで法曹界をリードしてきた「法の支配」は、会員向け出版物にとどまっていました。過去60年間の法論文や解説を、法律実務関係者や法学研究者等に広く発信するために、オンラインリーガルリサーチにおいて高い実績を持つウエストロー・ジャパンを提携先として選定しました。

今回の合意に伴い、昭和34年の創刊から最新号(153号:平成21年4月発行)までの「法の支配」全巻が、ウエストロー・ジャパンに提供され、「Westlaw Japan」のオンライン情報として、2009年8月よりご覧いただけます。

ウエストロー・ジャパンのジョン・マーロイ社長は、貴重なコンテンツを「Westlaw Japan」で提供できることに関し、「法律専門家ユーザーの方々に、法解釈をより一層深めていただける、他では得られない付加価値の高いコンテンツの提供が実現でき、誠に喜ばしく光栄です。」と語っています。

以上

プレスリリース一覧へ

ウエストロー・ジャパン株式会社について
2006年3月31日、米国トムソン・ロイターと新日本法規出版株式会社(本社・名古屋)が均等出資で設立した合弁会社です。新日本法規出版の持つ、法律・判例情報、および、同社を含む各法律出版社による書籍・雑誌等のコンテンツと、トムソン・ロイターの欧米で培ったオンライン・テクノロジーとノウハウとを融合し、日本法の総合オンラインサービスである〈Westlaw Japan ®〉を開発し、2007年にサービスを開始しました。
Westlawの原点は、1872年に米国で創業したWEST社にあります。現在、米国最大手の法律出版社であり、発行する判例集は、連邦・州を網羅し、一部州では公式判例集として認められるなど、定評ある法律出版物を数多く世に送り出し続けてきました。1975年、電子版であるWestlawのサービスを開始。トムソン・コーポレーション傘下となった1996年には、米国外の情報をも収録するウェブサイト上のリーガルリサーチサービスWestlaw.comを開始しました。今日、Westlawは世界各国で展開する法情報オンラインサービスの総称であり、世界中の判例、法令、行政関連資料、法律雑誌、法律百科事典、弁護士年鑑、ニュースおよびビジネス情報を網羅したデータベースです。ウエストロー・ジャパンは日本の法曹と世界をつなぐ架け橋として展開しております。

財団法人 日本法律家協会(Japan Bar Association) 「法の支配」について
「法の支配」は、財団法人日本法律家協会が、年4回発行している会員の方のみ購読できる機関誌です。日本法律家協会は、法曹界の権威ある方々約2000人の会員で構成された団体です。日本法律家協会(JBA)は、国際法曹協会(IBA)及び世界各国の法律家協会(アメリカ法律家協会ABA、ローエイシアなど)とも関係の深い法律家団体です。

本件に関するお問い合わせ

ウエストロー・ジャパン株式会社
電話: 03-5210-1400/1405  担当:国府田(こうだ)

ウエストロー・ジャパン(株)広報担当 株式会社エイレックス
電話: 03-3560-1855  担当:平野/雪野